心はいつもリーンウィズ

セロー250とCB750(RC42)とのかかわりを綴っていきます。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイプガード交換の話の前にエキパイが良い色に焼けてきたのでご覧下さい。

画像はいつものようにバカチョンカメラでの撮影なのでピンボケしていて見苦しくなってしまいましたが、実際のマフラーはこんがりと赤みがかったキツネ色になり個人的には好きな焼け方です。
撮影後もそこそこな距離を乗ったので、今はこの写真以上に色がついています。

パイプの結合部はロボット溶接でしょうか、均一に溶接されています。

BEAMSのマフラーは≪安い=悪い≫ではありませんでした。
今のところバイクとのフィーリングもそこそこ良く、不満もないのでコストパフォーマンスが高いマフラーといえそうです。


IMG_0603_convert_20130826144053.jpg




取付直後
IMG_0599_convert_20130824135705.jpg




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本題に入りますが、今回交換するパーツは高温になったエキパイから足を守るためのもの。
直接エキパイに足が触れないようにするパーツです。

ビームスのマフラーにも付属されてたのですが、あまりにも昭和っぽいデザインだったので好きになれませんでした。
場所によっては鋭角な部分もあるので、私のようなよくコケるヘッポコライダーには危険です。

IMG_0608_convert_20130826082112.jpg



今回取り寄せたのが「ZETA ジータ EXパイプガード 」です。
カーボン製でお値段も7000円と超高価。

ウェ〇ックで注文したのですが、【※画像の取付ステーは付属しませんのでご注意ください。】なんて書いてあるもんですから取付ステーは別売りとばかり思ってしまって、取付ステーを単体で購入したのに実際はセットになってるじゃないですか!
ウェ〇ックには騙され痛い思いさせられました。
「金返せー!」とはジェントルマンな私は言いませんよ。(笑) 

IMG_0622_convert_20130826082829.jpg





これが余分に買ってしまった「ZETA ジータ EXパイプガード用リプレースメントマウントキット」です。
1350円なのでまぁいいです。  でも・・ 百円寿司なら12皿も食べれますね。 

IMG_0606_convert_20130826082016.jpg




取り付けるとこんな感じになりました。
このガードのデザインもイマイチですが、丸みを帯びていて昭和っぽさはなくなりました。

IMG_0626_convert_20130826082958.jpg




おまけ
IMG_0605_convert_20130826081604.jpg

スポンサーサイト
ついにカスタム予定になかったマフラー交換をしてしまいました。
社外マフラーは、バイクの性能的に悪くなることはあっても良くなることは稀という認識でしたので手は出すまいと思っていたパーツの一つでした。

そう思っていたのにどうして交換したかというと、エキパイの錆がどうしても気になってしまっていたからです。
スチールにいくら塗装をしてあっても排気熱で塗装が傷むので錆は避けては通れません。
ましてや林道での荒っぽい使い方で、小キズや泥まみれになればあっという間に腐食してきます。
見える所はまだしも、エキパイの付け根の錆は見落としがちで、知らぬ間にエンジン側の取り付け部分が錆びてしまったら嫌だなと感じました。


欲を言えばFMFのマフラーが良かったのですが金欠ですし、エキパイさえ錆びなければ見た目は我慢しようということでリーズナブルな「BEAMS SS300ソニック アップタイプフルエキゾーストマフラー 」に決定。

どっちみち林道走行でマフラーもガリガリべコベコになると思うので、この値段なら惜しくないと思った訳です。

IMG_0598_convert_20130824135604.jpg




ノーマルのエキパイですが、どうでしょう。すぐ錆びそうな気がしませんか?

IMG_0583_convert_20130824134104.jpg




夜の11時から始めたので、車庫の灯りしかなく、見辛い画像になってしまいました。

ノーマルの状態です。
IMG_0584_convert_20130824134203.jpg




ノーマルサイレンサー
IMG_0586_convert_20130824134248.jpg

IMG_0587_convert_20130824134333.jpg




作業のジャマになりそうなシートやカバーは予め外しておきます。

IMG_0588_convert_20130824134437.jpg




エンジン側に焼けて張り付いてしまっていると思われたジョイントガスケットですが、マイナスドライバーでこじたら簡単に外れました。

IMG_0590_convert_20130824134532.jpg

IMG_0593_convert_20130824134711.jpg




左が念の為買っておいた「DRCのEXジョイントガスケット」で右が付属していたジョイントガスケットです。
今回は、付属していたガスケットを使用しました。

IMG_0578_convert_20130824133952.jpg




BEAMS SS300ソニック アップタイプフルエキゾーストマフラー は3ピースで、結合部分から排気漏れを起こすと困るので「DAYTONA パーマテックス 高耐熱シリコンガスケット」を結合部に塗ってから組み上げていきます。

適用温度範囲:-54℃~371℃。問題無しですね^^

適用箇所:エキゾーストパイプの連結部、エキゾーストマニホールド、サイレンサー接合部、シリンダーヘッドカバー等となっております。

IMG_0576_convert_20130824132746.jpg





手に取ると粘土をべチョべチョに軟らかくしてベトつかせた感じです。
初期硬化まで約15~20分あるので落ち着いて組み付けることが出来ます。
24時間で完全硬化。

IMG_0595_convert_20130824134911.jpg




組み付けが終わった状態です。
これで錆の心配はなくなりそうです。

IMG_0599_convert_20130824135705.jpg




このアヒルのクチみたいな形状が好きになれないんですよ~。 安っぽいというか・・。
実際、安いんですけどね(笑)

IMG_0600_convert_20130824140616.jpg




どうせマフラー交換したんだからノーマルと変わらない音では面白くないので、セミレーシングバッフルをついでに購入しておきました。

スタンダードバッフル    音量83db
セミレーシングバッフル   音量89db  
バッフル非装着時      音量92db

バッフル非装着時でさえ保安基準音量に適合しています。


音量ですがノーマルバッフルですとノーマルマフラーに比べ気持ち大きくなったかなぐらいでしたが、このセミレーシングバッフルに替ると満足出来る音量になります。 特別うるさいと感じる音ではありません。
アイドリングなら早朝でも近所を気にしなくていいかと思います。
安いわりになかなか良い音になったんで良しとします^^                   

一応念の為、バッフルにもシリコンガスケットを付けておきました。

左がスタンダード、右がセミレーシング。
IMG_0601_convert_20130824140702.jpg


マフラー交換は初てでしたが、写真を撮りながらでも作業時間は1時間位で済みました。


「保安基準適合品」と「車検対応品」は、ほぼイコールだそうです。
そして「JASMA認定品」は、数年使っても大丈夫な音量・品質を確保できるであろう商品だそうです。


リーズナブルで値段以上のマフラーなので気になる方は見てみて下さい。  BEAMS
林道を本格的に走ることに決めた私は、レバー折れを防ぐ為にハンドガードを取り付けることにしました。
ガードだけでは見栄えもイマイチなので、ついでにプロテクターと、さらにはバーパッドまで付けちゃいました。
セローを買った当初からこのアイテムには憧れはあったのですが、その当時は飾りにしかならないと思い見合わせていました。


(左)ZETA アーマーハンドガードベンド
(中)ZETA XCプロテクター
(右)RENTHAL SX PAD 10IN バーパッド




まずはハンドルブレースに取り付けてあるナビ用ステーを取っ払います。

IMG_0352_convert_20130628152504.jpg


ハンドルブレースのみのキレイな状態になりました。

IMG_0358_convert_20130628091527.jpg


実際は一番最後にバーパッドを取り付けたのですが、都合上ここでアップしておきます。

IMG_0359_convert_20130628091625.jpg


ハンドガードを取り付ける為にグリップエンドを切り落とします。

IMG_0361_convert_20130628091719.jpg


カッターが無かったのでハサミで切り落としました。
こんな感じになりますが、こちらはアクセル側なのでこのように樹脂のフタが覆っています。
因みにブレーキ側は空洞です。
この作業を行いたくない場合は、貫通タイプのグリップに替えるしかないと思いますが、グリップを替える方が面倒だと思います。

IMG_0362_convert_20130628091816.jpg


会社に行けば道具はいろいろあるのですが、自宅での作業なので、どうやって穴を広げていくか悩みましたが、結局、ニッパーの先端を使って開けました。(大きいニッパー)
ニッパーの先端はテーパーになっている事と、角が案外鋭利である為、小さい穴に先端を突っ込んでグリグリ回しながら徐々に穴を大きくしていきました。

IMG_0363_convert_20130628091903.jpg


いよいよハンドガードの取り付けですが、その前にプロテクターを取り付けるネジ穴を確認しておきます。

IMG_0364_convert_20130628092013.jpg


ZETAのシールの裏側にちゃんとタップでネジ穴を切ってくれてあります。

IMG_0365_convert_20130628092108.jpg


先にプロテクターをネジで止めちゃいます。

IMG_0366_convert_20130628092205.jpg


ハンドガードのステーを取り付け、グリップ側にも取り付けようとしたところ、ブレーキホースが干渉してしまうのでホースの位置を変更しました。

IMG_0367_convert_20130628092446.jpg


バッチリ組み付きました。

IMG_0371_convert_20130628092903.jpg


クラッチ側は、干渉する物がないので簡単に取り付きます。

IMG_0370_convert_20130628092805.jpg


私はニヤニヤしながら満足していましたが、どうでしょうか。

IMG_0368_convert_20130628092546.jpg

作業は、一時間ほどで完了しました。
ハンドガードの取り付けは、手こずると聞いていたので不安はあったのですが、やってみると簡単でした。

時期がきたらタイヤ交換とチェーン交換をしてみたいと思います。
こちらは慣れもあると思いますが、初めてなので簡単にはいかないかな~。





DSC00171_convert_20120814094308.jpg
DSC00178_convert_20120814095249.jpg
純正プラグ
DSC00172_convert_20120814094844.jpg

DENSO デンソー イリジウムパワープラグ IX22
DSC00173_convert_20120814095119.jpg


今日は雨が降ってしまい、バイクで出掛けれないので、プラグ交換をしてみました。
純正のプラグは3000㌔位しか使っていませんが、好奇心から交換です。
DENSO デンソー イリジウムパワープラグ IX22にしてみました。
明日、晴れたら試乗してみます。
左が純正  右がDRCクロモリワイドフットペグ
フットペグ

純正のフットペグは小さくて安定性に欠けるということで、DRCのクロモリワイドフットペグに交換してみました。
まずプライヤーで留めピンを引き抜きます。
すると本体とペグを固定しているシャフトが抜けるので、ペグを付け替えてシャフトを通し、留めピンを入れ、抜け防止に留めピンの端を折り曲げれば交換完了です。
プライヤー1本で出来るので、とても簡単です。
純正に比べると、幅が広いのでスタンディング時に安定します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。