心はいつもリーンウィズ

セロー250とCB750(RC42)とのかかわりを綴っていきます。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろバッテリー液を補充しようとサイドカバーを外してバッテリーを見ると補充液の注入口が無いではないですか。
バッテリー本体には AZ Battery [ATX12-BS]と書いてありんす!
まず思ったのが「過充電で爆発しないの??」ということです。
私は高校は電気課でしたが、バッテリーのことはよく解かっていません。
父親には「デキン課」とからかわれておりましたので、レベルもその程度でありんす。(クドイですね;)



DO NOT OPEN なんて書いてあるし、これってもしかしてMFバッテリーってやつ??(MF:メンテナンスフリー)

CB750は、開放型バッテリーが純正で載っているはずなんです。
開放型バッテリーは液が少しずつ減っていきます。
その為、液を補充してあげる必要があります。(液(水)が水素ガスと酸素となって放出されるようです)

CBを中古で買った時、バイクショップで新品に替えてくれたと思われますが大丈夫なのか不安です。
問題が起きる前に交換した方が良さそうですが、試しにこのまま使ってみます。
詳しい方がいらっしゃたら教えて下さい。

IMG_0269_convert_20130611151314.jpg

バッテリーを見る為にサイドカバーを外しました。
サイドカバーをバイク本体に差し込む突起部分です。(サイドカバーの裏)
ここがが折れてしまうことがあるそうです。
突起は二ヶ所あり、取り付けはネジも併用して脱落を防いでます。
次回から着脱しやすいようにエンジンオイルの廃油を塗っておきました。

IMG_0271_convert_20130611151508.jpg

バイクをメンテナンスするって大変ですね~。
いろんなことを知ってないと一人では無理です。
サービスマニュアルでも買って、徐々に覚えていくしかないですね。
スポンサーサイト
去年10月にCBを購入してから七ヶ月あまり、一度もエンジンオイルの交換をしていなかったので、越冬したオイルで、「酸化してるんだろうなぁ」と気持ちが悪いまま乗っていました。
暑くなってくれば空冷のCBは、熱ダレなんかの心配もちょっとあります。
今入っているオイルが何なのかは分かりませんが、これから迎える夏に向けて、[ホンダ ウルトラG2 10W-40」を入れてみることにしました。



ついでにオイルフィルターも交換します。
キジマのマグネット付きオイルフィルターです。
マグネットでエンジン内部のスラッジを除去してくれるそうです。(ホントかな??)
次回のフィルター交換の時にジックリと効果の程は見るつもりです。

IMG_0247_convert_20130527091704.jpg

純正のオイルフィルターと比較すると、外観は黒一色で文字も印刷されてなくノッペリした感じで味気無いです。

IMG_0248_convert_20130527091753.jpg


オイルフィルーターは手の力で着脱するぐらいで良いという人もいますが、そんな力じゃオイル漏れが心配です。
強く締め付けるとネジをバカにしてしまうから気を付けろという意味でしょうか。
どっちにしろ今CBについているフィルターは、手では外すに外せないので専用レンチを使います。
このレンチは、セロー250のフィルター交換に必要だと思い、何年か前に買ったモノですが、セローのオイルフィルターは内蔵式の為使いませんでした。
CB用に使えるとは、運が良かったです。

IMG_0254_convert_20130527074847.jpg

ドレンのガスケットも交換です。
IMG_0249_convert_20130527092135.jpg

向かって左が交換前のもの。右が新品です。
厚みが半分以下!大丈夫かな?

IMG_0264_convert_20130527075331.jpg

取り付いていたガスケットは何度か使われていたようでスジがいっぱいついていました。
いくら厚くてもこれでは再利用する気になりません。

IMG_0262_convert_20130527075246.jpg

抜いて入れるのですが、オイルを入れる前にフィルターを交換します。

IMG_0253_convert_20130527100316.jpg IMG_0266_convert_20130527075930.jpg


メガネレンチだと長すぎて作業出来ませんのでスパナで作業します。
エキパイを外さなくても、なんとかフィルター交換が出来るぐらいのクリアランスは確保されています。
でも狭くてやりずらいです・・。
締め付けトルクは、仕事の経験上で適当です。
スパナで「ギュ~、ギュ」って要領です。

IMG_0257_convert_20130527080257.jpg IMG_0261_convert_20130527080205.jpg

フィルターの中にもエンジンオイルが溜まっているので、上手に外さないとエキパイがビチャビチャになってしまいます。

IMG_0259_convert_20130527075100.jpg

最後にオイル量を確認して完了です。
CB用のレベルゲージですが、車のレベルゲージと似てますね。
CBには覗き窓が無いのでこのゲージを使ってオイル量の確認をするのです。

IMG_0268_convert_20130527075745.jpg

オイル交換を済ませ100㎞程走ってみたのですが、心配していたオイル漏れもありませんでした。
オイルの違いは???です。
違いが分かりませんが、純正オイルなので安心して乗っていけます。

因みにエンジンオイルは、1リットル缶を4本買ったのですが、フィルターも交換したのを考慮して3Lピッタリ入れておきました。(たしか2.8Lがフィルター交換をしない場合と何かで記憶しています)
メーカーでの推奨量が何リットルかは知りませんが、RC42はオイルが減りやすいと言われているのでレベルゲージいっぱいにしておきました。


チェーンも錆が浮いている所もあるし、次はチェーン交換といきたいところですが、値段が高いのと自分で出来るのか不安なので躊躇しています。 どうしよっかなぁ・・。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。