心はいつもリーンウィズ

セロー250とCB750(RC42)とのかかわりを綴っていきます。

2012/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WAKOS ワコーズ :TT-40 タフツーリング 20W-40
エンジンオイル
今までレッドバロンのオイルリザーブシステムを活用してきましたが、どうもセロー250にはこのオイルが合わないようで、自分で好きなオイルを買って交換してみました。(レッドバロンのオイルは、やわらか過ぎでギアチェンジがシックリきませんでした。)
ちなみにレッドバロンのオイルは、MOTUL 200 4TR(100%化学合成油)SAE 10W-40 だったようです。

少し硬めのオイルを使ってみたくて、今回は、WAKOS ワコーズ :TT-40 タフツーリング 20W-40をチョイス。


まずはエンジンガードを外します。
エンジンガード


なんと!!ドレンに油漏れ。 人に任せてたせいですね。
ドレンボルト


オイルフィルターの入っている場所はココです。
オイルフィルターキャップ


このように外します。(ボルトの形状が3本共違います。)
フィルターカバー(一式)


使用前と使用後のオイルフィルターです。
オイルフィルター元のオイルを極力混ぜたくないので、ついでにオイルフィルターも交換。
今回はDAYTONAのスーパーオイルフィルターを使用します。
このフィルターは、折り目を20%増やして、さらにろ過能力の高いろ紙を採用しているそうです。


ドレンボルトを外し、オイルを抜きます。
エンジンオイル(廃油)


青丸の部分をメガネレンチかなんかで開けて、新しいオイルを注入。
フィルターも交換したので、約1.3L入りました。(通常1.2L)



エンジンオイル交換後、山へ走りに行ってきましたが、加速も良くなり、スムーズにエンジンが回ることが実感できました。
シフトもかなりシックリきてます。

峠で1枚


今回のプチカスタムは、大正解でした。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。