心はいつもリーンウィズ

セロー250とCB750(RC42)とのかかわりを綴っていきます。

2013/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
林道を本格的に走ることに決めた私は、レバー折れを防ぐ為にハンドガードを取り付けることにしました。
ガードだけでは見栄えもイマイチなので、ついでにプロテクターと、さらにはバーパッドまで付けちゃいました。
セローを買った当初からこのアイテムには憧れはあったのですが、その当時は飾りにしかならないと思い見合わせていました。


(左)ZETA アーマーハンドガードベンド
(中)ZETA XCプロテクター
(右)RENTHAL SX PAD 10IN バーパッド




まずはハンドルブレースに取り付けてあるナビ用ステーを取っ払います。

IMG_0352_convert_20130628152504.jpg


ハンドルブレースのみのキレイな状態になりました。

IMG_0358_convert_20130628091527.jpg


実際は一番最後にバーパッドを取り付けたのですが、都合上ここでアップしておきます。

IMG_0359_convert_20130628091625.jpg


ハンドガードを取り付ける為にグリップエンドを切り落とします。

IMG_0361_convert_20130628091719.jpg


カッターが無かったのでハサミで切り落としました。
こんな感じになりますが、こちらはアクセル側なのでこのように樹脂のフタが覆っています。
因みにブレーキ側は空洞です。
この作業を行いたくない場合は、貫通タイプのグリップに替えるしかないと思いますが、グリップを替える方が面倒だと思います。

IMG_0362_convert_20130628091816.jpg


会社に行けば道具はいろいろあるのですが、自宅での作業なので、どうやって穴を広げていくか悩みましたが、結局、ニッパーの先端を使って開けました。(大きいニッパー)
ニッパーの先端はテーパーになっている事と、角が案外鋭利である為、小さい穴に先端を突っ込んでグリグリ回しながら徐々に穴を大きくしていきました。

IMG_0363_convert_20130628091903.jpg


いよいよハンドガードの取り付けですが、その前にプロテクターを取り付けるネジ穴を確認しておきます。

IMG_0364_convert_20130628092013.jpg


ZETAのシールの裏側にちゃんとタップでネジ穴を切ってくれてあります。

IMG_0365_convert_20130628092108.jpg


先にプロテクターをネジで止めちゃいます。

IMG_0366_convert_20130628092205.jpg


ハンドガードのステーを取り付け、グリップ側にも取り付けようとしたところ、ブレーキホースが干渉してしまうのでホースの位置を変更しました。

IMG_0367_convert_20130628092446.jpg


バッチリ組み付きました。

IMG_0371_convert_20130628092903.jpg


クラッチ側は、干渉する物がないので簡単に取り付きます。

IMG_0370_convert_20130628092805.jpg


私はニヤニヤしながら満足していましたが、どうでしょうか。

IMG_0368_convert_20130628092546.jpg

作業は、一時間ほどで完了しました。
ハンドガードの取り付けは、手こずると聞いていたので不安はあったのですが、やってみると簡単でした。

時期がきたらタイヤ交換とチェーン交換をしてみたいと思います。
こちらは慣れもあると思いますが、初めてなので簡単にはいかないかな~。



スポンサーサイト
弐友会の本田さんから、2りんかんでキャップボルトカバーを購入したけど、12個も使わないからお送りしますよとメールを頂きました。
本田さんの購入したものはクロームメッキがしてありますが、私のCBに取り付けてあるキャップボルトカバーは色目が少し地味なので交換したいなと思っていたとこでした。
「着払いで送って下さい」とお願いしましたが、「今度会った時にコーヒーでもご馳走になりますから」との返事で、今回は本田さんのご好意に甘えることにしました。
数日後、本田さんから郵便で届きました。
さっそく交換してみました。どうでしょうか?

交換前の地味なボルトカバー


交換後のクロームメッキ仕上げのボルトカバー(ハリケーン製)
IMG_0355_convert_20130628074832.jpg

グラブバーのボルトカバーなので目立つ場所ではないですが、明るい感じになりました。
エンジンや走行中の振動で外れやすく、気付かないうちに無くしてしまうので、ありがたい頂き物です。
本田さん、ありがとうございました!
行こう行こうと思っていた妙義神社にやっと行くことが出来ました。
行きはR18から妙義山を目指し、帰りはR254から帰ってきました。
R18からの行き道は、軽井沢を過ぎたあたりからバイク乗りにとっては楽しい道に変わります。


大きな地図で見る

日本三大奇勝の一つといわれる妙義山の岩肌。



無料駐車場が近くにあります。
IMG_0323_convert_20130624080510.jpg

滅多に見ることが出来ない甲斐犬を連れている方が居たので一枚撮らせてもらいました。
IMG_0322_convert_20130624080358.jpg

「妙義山をバックに」のつもりでしたがアングルが悪いですね。
IMG_0342_convert_20130624085207.jpg

IMG_0324_convert_20130624080910.jpg


妙義神社入り口から少し歩き、石段を上っていくと仁王様が「悪い奴は入れぬぞー」と待ち構えています。
私は悪い人間では無かったようで総門をくぐらせてもらえました。
IMG_0325_convert_20130624083409.jpg

総門を抜けると横に広い石段が待っています。
IMG_0326_convert_20130624084028.jpg

幅広の階段を上り鳥居をくぐって、また石段です。
湿度も高かったせいか背中まで汗ビッショリになってました。
上るというより「登る」の方が合ってます。
IMG_0331_convert_20130624084726.jpg

最後にある唐門をくぐりやっと着きました。
これが本殿です。
色鮮やかで見入ってしまいました。
IMG_0332_convert_20130624084839.jpg


IMG_0328_convert_20130624084141.jpg


IMG_0330_convert_20130624084611.jpg

普通は本殿の表側で拝みますが、私は本殿の裏手に回り拝みました。
こちらは天狗が祀られているそうです。(妙義には、山伏が多くいたそうで、その名残からか・・)
IMG_0333_convert_20130624091750.jpg

唐門にある鳳凰の彫刻。
IMG_0337_convert_20130624084939.jpg

これを一段一段上ってきたんですね~。(唐門から見下ろした石段)
IMG_0338_convert_20130624085056.jpg


妙義山の主峰、白雲山の中腹にある妙義神社へ行ってきました。
パワースポットといわれていますが、神社と名のつく場所は神様が祀られ、おおよそパワースポットだと思います。
力の大きい小さいはあると思いますが、参拝した人の気持ち一つですよね。

次は同じ群馬県の榛名神社に行ってみたいなと思っていますが、いろんな神様にいい顔するのもどうかと思ってしまいます。
6/16(日)は、群馬県へCBでツーリングに行く予定だったのですが、まだ山道に雨の影響が残ってるのでセローに替えて夫神岳(おかみだけ)の林道を走ってみました。
夫神岳は上田市の別所温泉から登っていきます。

別所温泉入り口付近(塩田平)は、信州の鎌倉といわれ、国宝や重要文化財の寺院、北向観音、無言館などがあり、歴史の宝庫ですが今回は見送ります。



T字路の左が森林公園、右へ向かえば夫神岳に続く林道 岳の尾線です。

IMG_0293_convert_20130617075031.jpg
IMG_0295_convert_20130617075126.jpg

いつしか林道 夫神線に変わってました。
頭の中はチンプンカンプンですが、久々の林道で楽しいのでどうでもいいです。

IMG_0298_convert_20130617075250.jpg

頂上まで数分の場所に休憩所がありました。
見晴らしがよかったので1枚撮ってきました。眼下に見えたのは青木村かな。

IMG_0300_convert_20130617075349.jpg

少し走ったところで結局行き止まりです。
もうこの時点でメットの中からグローブ、体中汗ビッショリになっていて、蒸し暑さと息切れでシールドも曇ってました。

バイクを停めて歩いて登ってみましたが、何も無かったので登頂ということにして引き返します。

IMG_0303_convert_20130617075526.jpg

下りは上りと違ってブレーキコントロールが難しくスピードが出せません。

IMG_0304_convert_20130617075645.jpg

ところどころにこんなような標識が立っていました。
何度も見かけたので登山道を横切って走っていたのでしょうか。
林道は山の外周を回り込みますが、登山道は直線的に登って行くということですかね。

IMG_0310_convert_20130617080207.jpg

ついにやってしまったのです。
ぬかるみにハンドルをとられて転倒しちゃいました。
一人なのでゆっくり走っていたつもりですが、バイクから投げ出された勢いにビックリしました。
間違って崖になんか落ちてしまったらヤバイですね。

IMG_0312_convert_20130617080329.jpg

因みに、この日は2度ほど転倒しましたが、クラッチレバーは折れずに、ユニットごと回っただけですみました。
手の平の根元でガツンガツンと叩いたら元通りになりました。
転倒時のレバー折れを防ぐためにも、レバーユニットのボルトを少し緩めておくのがいいかもしれません。

ずっとスタンディングで走行していたので、メットの中が汗でモワーとしてしまって視界が悪かったのが原因の一つです。(眼鏡等と免許には書かれていますが、この時は曇って余計に見難いので外してました)

IMG_0316_convert_20130617080432.jpg

帰宅後は、泥んこのセローを高圧洗浄機(リョービ AJP-1410)を使って初めての洗車です。

IMG_0318_convert_20130617080537.jpg

噴射圧はそこそこありますが、噴射中に息継ぎする時があるので一呼吸おいてレバーを握り直さないといけません。
個人的な基準で合格ラインギリギリの製品でした。

IMG_0319_convert_20130617080638.jpg

やっぱりキズがついてしまってました。
これもオフロードバイクならではの勲章ですね。

IMG_0321_convert_20130617080737.jpg

今年のバイクシーズンは、沢山の経験と勲章を得る為に林道を走り回ろうと思います。
オフロードバイクの楽しさは、冒険すればするほど解ってきます。
オフロードバイクを下に見る人もいますが、そんな人達もこのような楽しさを味わえば、きっと目から鱗が落ちることでしょう。

そろそろバッテリー液を補充しようとサイドカバーを外してバッテリーを見ると補充液の注入口が無いではないですか。
バッテリー本体には AZ Battery [ATX12-BS]と書いてありんす!
まず思ったのが「過充電で爆発しないの??」ということです。
私は高校は電気課でしたが、バッテリーのことはよく解かっていません。
父親には「デキン課」とからかわれておりましたので、レベルもその程度でありんす。(クドイですね;)



DO NOT OPEN なんて書いてあるし、これってもしかしてMFバッテリーってやつ??(MF:メンテナンスフリー)

CB750は、開放型バッテリーが純正で載っているはずなんです。
開放型バッテリーは液が少しずつ減っていきます。
その為、液を補充してあげる必要があります。(液(水)が水素ガスと酸素となって放出されるようです)

CBを中古で買った時、バイクショップで新品に替えてくれたと思われますが大丈夫なのか不安です。
問題が起きる前に交換した方が良さそうですが、試しにこのまま使ってみます。
詳しい方がいらっしゃたら教えて下さい。

IMG_0269_convert_20130611151314.jpg

バッテリーを見る為にサイドカバーを外しました。
サイドカバーをバイク本体に差し込む突起部分です。(サイドカバーの裏)
ここがが折れてしまうことがあるそうです。
突起は二ヶ所あり、取り付けはネジも併用して脱落を防いでます。
次回から着脱しやすいようにエンジンオイルの廃油を塗っておきました。

IMG_0271_convert_20130611151508.jpg

バイクをメンテナンスするって大変ですね~。
いろんなことを知ってないと一人では無理です。
サービスマニュアルでも買って、徐々に覚えていくしかないですね。
先週からひいた風邪をおして、万治の石仏(まんじのせきぶつ)を見る為、諏訪までソロで行ってきました。

佐久甲州街道(R141)からメルヘン街道に入り諏訪に向かいます。
天気も良くツーリング日和にもかかわらず、すれ違うバイクはチラホラでした。
下の2枚はメルヘン街道での写真です。



IMG_0273_convert_20130610083622.jpg

諏訪湖に着き、間欠泉センターで風呂にでも入ろうかと思い受付のおばちゃんに「いくらですか?」と聞いたら「無料ですよ~」とのこと。
「どこですか?」と聞くと、外を指さします。
露天風呂かと思いきや、よくよく聞くとこの間欠泉センターには足湯しかないことが分かりました。

風呂に入ろうかと寄ったのに残念だなぁと思っていると、受付のおばちゃんが近くの温泉を紹介してくれました。

                                              <諏訪湖>
IMG_0276_convert_20130610084405.jpg

紹介してもらったのは、昭和の初期に建造された片倉館という歴史のある天然温泉です。(国の重要文化財指定)
この浴槽は100人が一度に入浴できるほどの広さがあり、深さ1.1mの底には玉砂利が敷き詰められています。
入浴料は大人600円、子供400円ですが、間欠泉センターで受付のおばちゃんに割引券を頂いていたので500円で入れました。

IMG_0279_convert_20130610084701.jpg

IMG_0278_convert_20130610084538.jpg

温泉に浸かりサッパリした時には昼ちょっと前、知り合いから一緒に食べに行こうと誘われていたのですが行けずじまいになっていた諏訪市のハルピンラーメンを食べに向かいました。
評判は良いようなのですが、それほどでもなかったのでサッと食べてサッと店から出ました。
「不味くはないけど美味くもない」そんなラーメンでした。

IMG_0280_convert_20130610084807.jpg

目的地であった万治の石仏から200m弱の距離に諏訪大社があります。
こちらは下社秋宮になるのかな?
諏訪大社は諏訪湖の周辺に4箇所の境内地があるので何度か訪れないとよく分かりません。
(上社本宮・上社前宮・下社春宮・下社秋宮)

IMG_0281_convert_20130610084951.jpg

私も神様に失礼がないよう二礼二拍手一礼をします。
参道も神様の通り道といわれている中央を歩かず端を歩いてお参りしてきました。
観光で来られた方の中にはズカズカと中央を歩いていた方もいましたが、お参りする意味が無くなっちゃいますね。

IMG_0282_convert_20130610092942.jpg

諏訪大社から万治の石仏の間に浮島社があります。
橋が架かっていますが島の周りに水はありませんでした。

IMG_0288_convert_20130610093709.jpg

万治の石仏です。高さは2mほどあります。
岡本太郎の高い評価と首が伸びることで有名になったこの石仏を見たくて諏訪に来ました。

由来
万治三年(1660)十一月一日、諏訪藩の第三代藩主諏訪忠晴が、諏訪大社下社春宮に石の大鳥居を奉納しようとした時のこと。
命を受けた石工がこの地にあった大きな石を用いようとノミを打ち入れたおり、はからずもその石から血が流れ出たので驚き恐れた石工達は大鳥居の造作を止めた。
その夜、石工の夢枕に上原山(茅野市)に良い石材があると告げられ、そこで良材を見つけることができ、大鳥居は完成した。
石工達は、あらためてこの不思議な石に阿弥陀如来を刻んで供養したそうです。

IMG_0286_convert_20130610093536.jpg

ノミの跡は現在でも残っているそうですがどこにあるのか分かりません。

IMG_0283_convert_20130610092807.jpg

IMG_0284_convert_20130610093118.jpg

首が伸びているって首がないんですが・・。

IMG_0285_convert_20130610093303.jpg

諏訪湖では八月に全国屈指の花火大会があります。
湖上に設置された打上台から40,000発ほどの花火が打ち上げられ、その音は山に反響し体の芯まで響くので迫力満点です。

長野県はいいとこいっぱいありますし、もっともっと長野県を回ってみたいと思いました。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。