心はいつもリーンウィズ

セロー250とCB750(RC42)とのかかわりを綴っていきます。

2013/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろバッテリー液を補充しようとサイドカバーを外してバッテリーを見ると補充液の注入口が無いではないですか。
バッテリー本体には AZ Battery [ATX12-BS]と書いてありんす!
まず思ったのが「過充電で爆発しないの??」ということです。
私は高校は電気課でしたが、バッテリーのことはよく解かっていません。
父親には「デキン課」とからかわれておりましたので、レベルもその程度でありんす。(クドイですね;)



DO NOT OPEN なんて書いてあるし、これってもしかしてMFバッテリーってやつ??(MF:メンテナンスフリー)

CB750は、開放型バッテリーが純正で載っているはずなんです。
開放型バッテリーは液が少しずつ減っていきます。
その為、液を補充してあげる必要があります。(液(水)が水素ガスと酸素となって放出されるようです)

CBを中古で買った時、バイクショップで新品に替えてくれたと思われますが大丈夫なのか不安です。
問題が起きる前に交換した方が良さそうですが、試しにこのまま使ってみます。
詳しい方がいらっしゃたら教えて下さい。

IMG_0269_convert_20130611151314.jpg

バッテリーを見る為にサイドカバーを外しました。
サイドカバーをバイク本体に差し込む突起部分です。(サイドカバーの裏)
ここがが折れてしまうことがあるそうです。
突起は二ヶ所あり、取り付けはネジも併用して脱落を防いでます。
次回から着脱しやすいようにエンジンオイルの廃油を塗っておきました。

IMG_0271_convert_20130611151508.jpg

バイクをメンテナンスするって大変ですね~。
いろんなことを知ってないと一人では無理です。
サービスマニュアルでも買って、徐々に覚えていくしかないですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。