心はいつもリーンウィズ

セロー250とCB750(RC42)とのかかわりを綴っていきます。

2013/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
林道を本格的に走ることに決めた私は、レバー折れを防ぐ為にハンドガードを取り付けることにしました。
ガードだけでは見栄えもイマイチなので、ついでにプロテクターと、さらにはバーパッドまで付けちゃいました。
セローを買った当初からこのアイテムには憧れはあったのですが、その当時は飾りにしかならないと思い見合わせていました。


(左)ZETA アーマーハンドガードベンド
(中)ZETA XCプロテクター
(右)RENTHAL SX PAD 10IN バーパッド




まずはハンドルブレースに取り付けてあるナビ用ステーを取っ払います。

IMG_0352_convert_20130628152504.jpg


ハンドルブレースのみのキレイな状態になりました。

IMG_0358_convert_20130628091527.jpg


実際は一番最後にバーパッドを取り付けたのですが、都合上ここでアップしておきます。

IMG_0359_convert_20130628091625.jpg


ハンドガードを取り付ける為にグリップエンドを切り落とします。

IMG_0361_convert_20130628091719.jpg


カッターが無かったのでハサミで切り落としました。
こんな感じになりますが、こちらはアクセル側なのでこのように樹脂のフタが覆っています。
因みにブレーキ側は空洞です。
この作業を行いたくない場合は、貫通タイプのグリップに替えるしかないと思いますが、グリップを替える方が面倒だと思います。

IMG_0362_convert_20130628091816.jpg


会社に行けば道具はいろいろあるのですが、自宅での作業なので、どうやって穴を広げていくか悩みましたが、結局、ニッパーの先端を使って開けました。(大きいニッパー)
ニッパーの先端はテーパーになっている事と、角が案外鋭利である為、小さい穴に先端を突っ込んでグリグリ回しながら徐々に穴を大きくしていきました。

IMG_0363_convert_20130628091903.jpg


いよいよハンドガードの取り付けですが、その前にプロテクターを取り付けるネジ穴を確認しておきます。

IMG_0364_convert_20130628092013.jpg


ZETAのシールの裏側にちゃんとタップでネジ穴を切ってくれてあります。

IMG_0365_convert_20130628092108.jpg


先にプロテクターをネジで止めちゃいます。

IMG_0366_convert_20130628092205.jpg


ハンドガードのステーを取り付け、グリップ側にも取り付けようとしたところ、ブレーキホースが干渉してしまうのでホースの位置を変更しました。

IMG_0367_convert_20130628092446.jpg


バッチリ組み付きました。

IMG_0371_convert_20130628092903.jpg


クラッチ側は、干渉する物がないので簡単に取り付きます。

IMG_0370_convert_20130628092805.jpg


私はニヤニヤしながら満足していましたが、どうでしょうか。

IMG_0368_convert_20130628092546.jpg

作業は、一時間ほどで完了しました。
ハンドガードの取り付けは、手こずると聞いていたので不安はあったのですが、やってみると簡単でした。

時期がきたらタイヤ交換とチェーン交換をしてみたいと思います。
こちらは慣れもあると思いますが、初めてなので簡単にはいかないかな~。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。