心はいつもリーンウィズ

セロー250とCB750(RC42)とのかかわりを綴っていきます。

2013/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パイプガード交換の話の前にエキパイが良い色に焼けてきたのでご覧下さい。

画像はいつものようにバカチョンカメラでの撮影なのでピンボケしていて見苦しくなってしまいましたが、実際のマフラーはこんがりと赤みがかったキツネ色になり個人的には好きな焼け方です。
撮影後もそこそこな距離を乗ったので、今はこの写真以上に色がついています。

パイプの結合部はロボット溶接でしょうか、均一に溶接されています。

BEAMSのマフラーは≪安い=悪い≫ではありませんでした。
今のところバイクとのフィーリングもそこそこ良く、不満もないのでコストパフォーマンスが高いマフラーといえそうです。


IMG_0603_convert_20130826144053.jpg




取付直後
IMG_0599_convert_20130824135705.jpg




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

本題に入りますが、今回交換するパーツは高温になったエキパイから足を守るためのもの。
直接エキパイに足が触れないようにするパーツです。

ビームスのマフラーにも付属されてたのですが、あまりにも昭和っぽいデザインだったので好きになれませんでした。
場所によっては鋭角な部分もあるので、私のようなよくコケるヘッポコライダーには危険です。

IMG_0608_convert_20130826082112.jpg



今回取り寄せたのが「ZETA ジータ EXパイプガード 」です。
カーボン製でお値段も7000円と超高価。

ウェ〇ックで注文したのですが、【※画像の取付ステーは付属しませんのでご注意ください。】なんて書いてあるもんですから取付ステーは別売りとばかり思ってしまって、取付ステーを単体で購入したのに実際はセットになってるじゃないですか!
ウェ〇ックには騙され痛い思いさせられました。
「金返せー!」とはジェントルマンな私は言いませんよ。(笑) 

IMG_0622_convert_20130826082829.jpg





これが余分に買ってしまった「ZETA ジータ EXパイプガード用リプレースメントマウントキット」です。
1350円なのでまぁいいです。  でも・・ 百円寿司なら12皿も食べれますね。 

IMG_0606_convert_20130826082016.jpg




取り付けるとこんな感じになりました。
このガードのデザインもイマイチですが、丸みを帯びていて昭和っぽさはなくなりました。

IMG_0626_convert_20130826082958.jpg




おまけ
IMG_0605_convert_20130826081604.jpg

スポンサーサイト
バイクに乗る時にメガネを使っていたのですが、かけたり外したりと面倒なのと、走行中にずれてくることがあったので、思い切って、この際、バイクの時だけコンタクトにしょうと眼科へ行ってきました。

平日に会社を休めないので、土曜の午前だけ休みをとって午後から出勤です。(この日は休日出勤)
土曜の診察ということで混むことが予想出来たので受付開始の30分前から待っていました。
9時に2番目で受付をして、終わったのが11時を回ってました。

面白い検査があって、目に空気を当てて眼圧を測定するというものです。
なんと!この器械は、私の会社で鋳造と切削加工を任されている器械だったのです。
そういえばメーカーさんに眼圧を測定すると糖尿病まで分かるんだよと聞いたことがありました。
自分の作った物が世に出て使われているのを目の当たりにするとやっぱり嬉しいもんです。

診察結果ですが、右0.2 左0.1で片目は乱視も入っていました。
運転中、前方の車のナンバーが分からないぐらいだと0.2なんですね。

医者には、バイクに乗るので数メートル先が良く見えるコンタクトにして下さいとお願いしました。
私は週末しか使わないので、1dayのコンタクトです。






IMG_0619_convert_20130826082647.jpg


慣れないとコンタクトを入れるのも取るのも怖いです。
ですが慣れれば簡単に出来る筈です。毎回苦労するようなもの流通しませんもんね。

コンタクトを使用して最初の30分は違和感ありましたが、2回目からは自然で付けてるのを忘れてしまいます。

バイクに乗らなかったら一生メガネを使ってたんだろうなと思うのでバイクに感謝です。(笑)
ついにカスタム予定になかったマフラー交換をしてしまいました。
社外マフラーは、バイクの性能的に悪くなることはあっても良くなることは稀という認識でしたので手は出すまいと思っていたパーツの一つでした。

そう思っていたのにどうして交換したかというと、エキパイの錆がどうしても気になってしまっていたからです。
スチールにいくら塗装をしてあっても排気熱で塗装が傷むので錆は避けては通れません。
ましてや林道での荒っぽい使い方で、小キズや泥まみれになればあっという間に腐食してきます。
見える所はまだしも、エキパイの付け根の錆は見落としがちで、知らぬ間にエンジン側の取り付け部分が錆びてしまったら嫌だなと感じました。


欲を言えばFMFのマフラーが良かったのですが金欠ですし、エキパイさえ錆びなければ見た目は我慢しようということでリーズナブルな「BEAMS SS300ソニック アップタイプフルエキゾーストマフラー 」に決定。

どっちみち林道走行でマフラーもガリガリべコベコになると思うので、この値段なら惜しくないと思った訳です。

IMG_0598_convert_20130824135604.jpg




ノーマルのエキパイですが、どうでしょう。すぐ錆びそうな気がしませんか?

IMG_0583_convert_20130824134104.jpg




夜の11時から始めたので、車庫の灯りしかなく、見辛い画像になってしまいました。

ノーマルの状態です。
IMG_0584_convert_20130824134203.jpg




ノーマルサイレンサー
IMG_0586_convert_20130824134248.jpg

IMG_0587_convert_20130824134333.jpg




作業のジャマになりそうなシートやカバーは予め外しておきます。

IMG_0588_convert_20130824134437.jpg




エンジン側に焼けて張り付いてしまっていると思われたジョイントガスケットですが、マイナスドライバーでこじたら簡単に外れました。

IMG_0590_convert_20130824134532.jpg

IMG_0593_convert_20130824134711.jpg




左が念の為買っておいた「DRCのEXジョイントガスケット」で右が付属していたジョイントガスケットです。
今回は、付属していたガスケットを使用しました。

IMG_0578_convert_20130824133952.jpg




BEAMS SS300ソニック アップタイプフルエキゾーストマフラー は3ピースで、結合部分から排気漏れを起こすと困るので「DAYTONA パーマテックス 高耐熱シリコンガスケット」を結合部に塗ってから組み上げていきます。

適用温度範囲:-54℃~371℃。問題無しですね^^

適用箇所:エキゾーストパイプの連結部、エキゾーストマニホールド、サイレンサー接合部、シリンダーヘッドカバー等となっております。

IMG_0576_convert_20130824132746.jpg





手に取ると粘土をべチョべチョに軟らかくしてベトつかせた感じです。
初期硬化まで約15~20分あるので落ち着いて組み付けることが出来ます。
24時間で完全硬化。

IMG_0595_convert_20130824134911.jpg




組み付けが終わった状態です。
これで錆の心配はなくなりそうです。

IMG_0599_convert_20130824135705.jpg




このアヒルのクチみたいな形状が好きになれないんですよ~。 安っぽいというか・・。
実際、安いんですけどね(笑)

IMG_0600_convert_20130824140616.jpg




どうせマフラー交換したんだからノーマルと変わらない音では面白くないので、セミレーシングバッフルをついでに購入しておきました。

スタンダードバッフル    音量83db
セミレーシングバッフル   音量89db  
バッフル非装着時      音量92db

バッフル非装着時でさえ保安基準音量に適合しています。


音量ですがノーマルバッフルですとノーマルマフラーに比べ気持ち大きくなったかなぐらいでしたが、このセミレーシングバッフルに替ると満足出来る音量になります。 特別うるさいと感じる音ではありません。
アイドリングなら早朝でも近所を気にしなくていいかと思います。
安いわりになかなか良い音になったんで良しとします^^                   

一応念の為、バッフルにもシリコンガスケットを付けておきました。

左がスタンダード、右がセミレーシング。
IMG_0601_convert_20130824140702.jpg


マフラー交換は初てでしたが、写真を撮りながらでも作業時間は1時間位で済みました。


「保安基準適合品」と「車検対応品」は、ほぼイコールだそうです。
そして「JASMA認定品」は、数年使っても大丈夫な音量・品質を確保できるであろう商品だそうです。


リーズナブルで値段以上のマフラーなので気になる方は見てみて下さい。  BEAMS
ウソップ君の後輩(ムッチ)を仲間に引き込み、現在のオフ仲間が私を含め3名となりました。
ムッチの知り合いにセロー225に乗っているのが居ると言っていたので、次回の林道ツーリングには4名で走れそうです。

ムッチのバイクはカワサキのKDXで、タイヤは前後輪D605が装着されていました。
中古で買ったバイクらしくバラした後、自分でペイントもしたそうです。
2スト独特のオイルの匂いが強かったので、私はなるべくムッチ後ろを走らないようにしてました。

彼も以前の私と同じようにソロで走っていたことが多かったらしく、休憩の度に「メッチャ楽しい」を連発してたところをみると本当に楽しかったのでしょう。


IMG_0567_convert_20130821080241.jpg




ウソップ君のジャージ姿です。
メットのカラーに合わせてフライのレッド/ブラックにしましたよー。
ブーツはソアの2013年モデルにしたのですが、ワンサイズ大きいブーツを選んだにもかかわらず、踝が痛くて辛そうでした。

IMG_0569_convert_20130821082517.jpg




踝の痛みと疲労で放心状態のウソップ君。
大丈夫ですか~?

IMG_0574_convert_20130821084159.jpg



仲間が増えると林道を走って何かあった時に助けてもらえる安心感があります。
林道では、当たり前ですが信号も無く、1本道に近い状態なのであまり後ろを気にする必要もないので多人数でも楽しめるんですよね。
「そこそこの距離を走ったら先頭が一旦止まって仲間を待つ」という具合でツーリングが成立します。


大きな転倒から一ヶ月近くなりますが、膝のスジの痛みがまだ取れません。
スリルと興奮の代償は、いつも隣り合わせです。
自分がリカバリー出来る範囲内で安全に走ることも大切ですね。

分かってはいても気持ちが上回り、ついつい無理しちゃうんですよね^^
この前の一件から、もう二度とバイクで一緒に走ることはないと思っていたH君と走ることが出来ました。
彼の趣味である登山の一環ではありますが、「4WDの車でないと登っていけないような場所に登山口があるので行ってみませんか?」とのことで、私はホイホイと上機嫌で出掛けた訳であります。
バイクで出掛ける前の日はいつもそうですが、興奮しているせいか熟睡出来ません。
寝不足気味で朝から本調子でないものの、バイクに乗ってしまえば気合が入ります。

標識でいう直進の「大弛峠・峰越林道」方面へとバイクを走らせます。




IMG_0551_convert_20130820122228.jpg




分岐直後は舗装されています。
こんな道が1、2㎞程続きます。

IMG_0553_convert_20130820122349.jpg




しばらく走ると路面状況が変わってきました。

IMG_0554_convert_20130820122503.jpg




H君頑張って走ってますね^^

IMG_0555_convert_20130820122730.jpg




バイクを傷付けたくないH君にはハードな路面だったようなので、途中でH君持参のバーナーとやかんを使ってコーヒーブレイクにしました。
このバーナー、小さいのにしっかりと沸騰させてくれました。

IMG_0557_convert_20130820122940.jpg




途中の場面を撮り忘れたので、過程を素っ飛ばして2,581mの朝日岳まで登った様子です。
ホントは登山の予定など入っておらず、登山口までの下調べの筈が、駐車場に着いたら知らぬ間にH君が登り支度してるではあーりませんか。
そいえば彼、前日電話でおかしなこと言っていたんですよ。
「登ることは100%ないですか?」とか「僕、一応、登る準備してきます。」とか。
私も言ってる意味が分からないので適当に返事しておいたのがいけなかったみたいです。

朝日岳は目指した山ではなく登る過程の一部に過ぎず、目的地はまだまだ先の金峰山です。


金峰山(Wikipedia)

IMG_0559_convert_20130820123515.jpg




ほぼノンストップで一時間五十分で頂上に到達しました。
私達が登ったコースは、アップダウンが激しく朝日岳と金峰山の高さはほとんど変わりません。 

        IMG_0563_convert_20130820134529.jpg


        IMG_0566_convert_20130820135614.jpg


IMG_0565_convert_20130820124756.jpg




頂上付近でH君が持ってきたカップラーメンをいただいた後下山しましたが、当然、下山も登りと同等のアップダウンが待っていました。

H君は「また他の山へも登りましょう!」と言っていましたが、林道を走ることに比べ登山は、高揚感・達成感・満足感のどれをとっても上回ることがなかったので・・・
      
                  H君!すまん!無いです!
連休中にいろいろとありましたが、順を追って記事にしていきたいと思います。
お時間ある方は見てくださいね!

欲しかったモトクロスヘルメットをついに買ってしまいました。
「ショウエイ VFX-W GRANT」です。

今まで使っていた「ショウエイHORNET-DS PINLOCK CLUSTER」(ホーネット-ディーエス ピンロック クラスター)は、普段使いでは最高なのですが、林道で汗だくになって走っていると、どうしてもシールドが曇ってしまいます。
メガネをかけてメットをかぶれるという点でも便利でしたが、新しいメットを使うにあたり思い切ってコンタクトを使用することに決めました。
ゴーグルとメガネの組み合わせは気分的にも窮屈ですし何かと手間なんです。






光のあたり具合によって模様が青になったりグレーになったりします。
最高級モデルだけあってメット形状がスペシャルカッコイイです。(笑)

IMG_0541_convert_20130820082859.jpg




合わせて購入した「フォックス MX/ED ゴーグル Main Pro Riot」です。

IMG_0544_convert_20130820085213.jpg


IMG_0545_convert_20130820085259.jpg




組み合わせるとこんな感じになります。

IMG_0546_convert_20130820085341.jpg




早速林道で使ってみました。
「ゴーグルなら絶対曇らない」ではないんですね。
ゴーグルでも目の周りの汗が悪さをして曇ります。
走り出してしまえば直ぐに曇りは取れます。

IMG_0549_convert_20130820091835.jpg




この林道はアブやハエが多く、いくら追っ払っても私を中心にブンブン旋回してしつこかったです(笑)

IMG_0547_convert_20130820085444.jpg




最終的には山が崩れていて通行出来ませんでした。

で、この日は何事も無かったのですが・・。

IMG_0548_convert_20130820091731.jpg





          事件が起こったのです・・。














               ウォォーーー!




4万もするメットがもう一つ届いてしまったのです。
カラーを迷い何店ものショップとのやり取りがあった為、キャンセルし忘れたショップから届いてしまったのです。

「返品もメンドクセー!こうたるわー!」と変な男気を見せ、カラー違いのメットが二つに・・。


ショウエイ VFX-W GRANT KRACK
IMG_0542_convert_20130820084840.jpg


IMG_0543_convert_20130820085121.jpg


今なら大特価の3万でいいですよ!
お金持ちの あ・な・た 買いませんか~?


もうじき引越しもするので、次の家でオブジェにでもします。トホホ。
リアタイヤのブロックが減ってきたので交換することにしました。
フロント側は、まだ使えますが、ついでに交換しちゃいます。

セロー250は、純正で BRIDGESTONE : TW301/302 トレールタイヤです。
フロントはチューブ リアはチューブレスです。

あまり変わり映えしないかもしれませんが、今回は、DANLOP : フロントD603  リアD605 を装着することにしました。
リアのD605は純正のTW302と性能に大差ないと思いますが、フロントは減りが遅いので、オフよりのD603にしてみました。
多少乗り味が変わると良いのだけれど・・。




使用中のリアタイヤ(センターだけ異様に減ってます)

IMG_0516_convert_20130813122858.jpg




使用中のフロントタイヤ(まだバリバリブロック残ってます)

IMG_0517_convert_20130813124021.jpg




ヒゲがピンピン生えていて「新品です!」って感じですね^^
DANLOP : D603/D605 

IMG_0526_convert_20130813134521.jpg




まず手始めにフロントから交換してみます。

IMG_0520_convert_20130813124439.jpg




初めてのことなので要領が分かりませんが、ネットでの見よう見まねでやってます。
確かこんなような画像だったような・・。
ビートを落とす為、ビートブレーカーなるものも買っておいたのですが、タイヤを足でふんずければ簡単に落ちました。
一万以上したのにムダな買い物をしてしまいました

IMG_0524_convert_20130813133902.jpg




だいぶ手こずりましたが、なんとか外しました。 ふぅ~。

IMG_0525_convert_20130813134236.jpg




バルブプーラーがあると簡単にバルブをホイールに通すことが出来て便利ですが、無くても問題ありません。
高い物でもないんで、私は使っています。

「DRC アルミ エアバルブプーラー 」 1000円位
IMG_0528_convert_20130813134705.jpg



せっかくホイールを外したのでグリスアップしておきます。

「MAXIMA マキシマ ウォータープルーフグリス」 1500円位
IMG_0521_convert_20130813124657.jpg

IMG_0522_convert_20130813133759.jpg




フロント交換完了!

IMG_0535_convert_20130813141245.jpg





ダンロップ:D603

IMG_0537_convert_20130813142107.jpg




次はリアタイヤを交換します。
そうそう写真中央奥に見える白い道具が使うことが無かったビートブレーカーです。

IMG_0531_convert_20130813140547.jpg





タイヤをホイールから外すとき、タイヤレバーでホイールにキズを付けないよう、ガードしてくれるリムプロテクターですが、こんなもん使うと外し難くて使ってられません。
真夏に噴出す汗の中、交換作業しているとキズの一つや二つどうでもよくなります(笑)

IMG_0530_convert_20130813135613.jpg




空気入れでは、そうとう圧を上げてもビートがはまりません。
時間ばかりが過ぎていくので、結局、車にホイールとタイヤを乗せ、会社へ持って行きコンプレッサーのエアーで一気に入れました。
「パン、パン」という音と共に簡単にリムにはまりました。
家に戻り空気圧を測ると5.5kgf/cm2も入ってました。

IMG_0536_convert_20130813141421.jpg




ダンロップ:D605

IMG_0539_convert_20130813142312.jpg




午後2時から始めて終わったのが午後8時近くになりました。

IMG_0534_convert_20130813140655.jpg




真夏にタイヤ交換なんてやるもんじゃないです。
大量に汗をかいたせいか、翌日の朝から頭痛が酷く一日中治りませんでした。
6時間という作業時間も興味の無い人から見ればアホかと思われそうですが、趣味ってこういうもんだと思います。
次回のタイヤ交換は3時間以内を目標にします。
最終的には、前後で1時間にするぞー!




本日も一人ボッチなんでボチボチと林道探索です。
いや~、秘密の場所はやはりダートの宝庫ですねー。
距離は長くても5㎞程なんですがいたる所にダート道があります。
勿論、入って行ったはいいが行き止まりなんてことも多々ありますが、アクセルターンの練習にもなるのでOKです。
練習しているわりにはビシッと決まりませんが・・。(笑)

IMG_0499_convert_20130813080610.jpg




ここは土なので転倒してもダメージが少なくお気に入りです。

IMG_0503_convert_20130813081048.jpg




ここら辺のダート道で車と遭遇したことは、今迄で一度だけなので適当にバイクを止めて休憩がとれます。
人も車もバイクも全く見かけません。
常に貸切り状態。ウホウホ状態な訳です。 

IMG_0504_convert_20130813081304.jpg



たまにはこんな事も・・。
倒木をどかすのも面倒なんでそのまま突破しちゃいました。(幹が細く、しなったので楽勝!)

IMG_0506_convert_20130813081442.jpg



夢に描いてたような場所見付けましたよ!


中央奥に私のバイクがあるの分かりますでしょうか?
モトクロスコースみたいにキレイな土
ここをミニミニコースと名付けました(笑)

IMG_0508_convert_20130813081621.jpg


IMG_0511_convert_20130813082006.jpg


IMG_0515_convert_20130813082221.jpg


8月17日は、ウソップ君と彼の後輩と私の三人で林道探索する予定なので、その時に彼らにミニミニコースを紹介するつもりです。
喜んでくれるかなぁ~? 超楽しみです。

先日の夜の事ですが、握力不足??のせいか2本指でのクラッチ操作がしずらかったので、クラッチ調整をしていたところモクモクと白煙が上がり異臭がしました。
「ヤバイ!クラッチ調整がうまくいかず滑りまくってる」と、素人丸出しのの勝手な憶測で、走行調整を止め、エンジンを切り、エンジン周りを点検しましたがエンジンからの煙ではなさそうです。
「どこから?」一旦、煙は納まってしまったので見当が付けられません。
適当にUターンして走り始めました。
ヘッドライト越しに再び白煙が映っています。焦げたような異臭も強いです。
「ん?」ハンドガードに油らしきものが付着しています。
分かりました。フロントのブレーキフルードがエキパイに飛び散り煙を上げていたのです。
どうりでブレーキのタッチが甘い訳です。
急いで家に帰りたいのですが、結構な距離走っているし、ブレーキフルードの飛び散りも気になります。
「仕方がない。誤魔化しながら帰るか」当然、途中でフロントブレーキはスカスカで、握った時の抵抗は全くありません。
リヤブレーキのみの走行でなんとか家にたどり着きました。
状態を確認したところ、ブレーキフルードが飛び散ってボデーに貼ってあるシールが一部が溶けていましたが、大きなダメージはありません。
「さて、どうしよう?」フルード液の買い置きなんて無いので、この日は諦めてネットでブレーキフルードを注文しておきました。

原因は、六月末にハンドガードを取り付けた時に、ガードとホースの干渉を避ける為にブレーキホースの位置を変えたのですが、どうやらバンジョーボルトがシッカリ締まっていなかったようです。


注文したのは、
ACパフォーマンスライン ブレーキホースキット
ヤマハ ワイズギア ブレ-キフル-ド BF-4 500cc (DOT4/BF-4)
キタコ KITACO 銅ワッシャー/銅パッキン 10×16×1.0  (サイズが不安ですが取り付くでしょう)
以上ですが、金魚のエアー用ナイロンホースと注射器??は、ホームセンターで購入しました。

IMG_0490_convert_20130813075059.jpg



まずは原因となったバンジョーボルトの締め込みをします。
マスターシリンダーの蓋を開けてみると、予想通りフルード液は減りまくり(笑)
今回が初めてのことなので、エアー抜きに焦点を絞ることにしてブレーキホースの交換は後日にしました。

IMG_0493_convert_20130813075734.jpg




ブリーダーバルブに注射器をセットしたナイロンホースを取り付けます。

IMG_0492_convert_20130813075146.jpg



ブレーキフルードを足した後、ブレーキレバーを握ったままブリーダーバルブのナットを緩めます。
(8mmのメガネレンチが行方不明になってしまっていたので、スパナで代用しました。)
ナットを緩めるとブレーキレバーがいっぱいまで握れるようになるのでその状態を維持しつつナットを締めます。
今度は、ブレーキレバーを数回握る放すを繰り返し、ブレーキレバーをいっぱいまで握ったまま再度ブリーダーバルブのナットを緩めます。
こんな調子で繰り返すとブレーキレバーが硬くなり、ホースからもエアーが出なくなったので減ったフルードを足して完了です。
バッチリブレーキ効くようになりました。
調子を見る為に数キロ走り、念の為もう一度エアー抜きをしておきました。


IMG_0495_convert_20130813080409.jpg



注射器を使う利点は、エアーを吸い込まないよう本来なら急いでナットの開閉を行うのですが、注射器側で逆流しないように圧をかけているので余裕を持って作業を行うことが出来ます。

IMG_0496_convert_20130813080454.jpg


簡単な作業でしたが、命に係わる部分なので初めは躊躇しました。
会社では、バイク部品同等の切削加工を何十年としておりますので、部品を造れるぐらいだから構造を理解すれば機能させることも出来るだろうとの自負もあり、自分で整備出来る場所は自分で行うことにしています。
整備をすることによって、バイクにおける楽しみが二倍になります。
工賃も掛からない為、一石二鳥です

タイヤのブロックもだいぶ減ったので次はタイヤ交換です。
早々にタイヤは用意してありますが、こちらは苦労しそうです・・。
8月4日(日)は早起きして、ウソップ君とH君の3人で名も無き林道へ走りに行ってきました。
H君のバンバン200では仕方のないことでしょうが、意気込みが全く感じられず、私達のオフロード熱に水を差す形となってしまいました。
後で聞いたらバイクを傷付けたくなかったそうです。彼と林道を走ることははもうないです(笑)
ウソップ君はといえば、ブーツとジャージを注文してあるのですが間に合わず、今回はニーガードだけ付けて走行です。




中央に小さく見えているのがウソップ君です。
画像では分かり難いですが、初めての林道体験で恐怖心もあると思うのですが、彼なりにガンガン攻めています。

IMG_0488_convert_20130805074548.jpg


はい、チーズ!今回も男前のウソップ君が撮れました。                      
     
IMG_0489_convert_20130805075017.jpg

林道へ行くと写真を撮るのを忘れているぐらい楽しいです。
道の状況やハプニングなどいろいろな角度から撮れたらいいのですが、今回もこの三枚しか撮れませんでした。
ウソップ君メインなので彼は喜んでくれることでしょう^^

この日は、私は、立ちゴケ1回 ・ ウソップ君は、立ちゴケ1回  転倒1回でした。

今週末は、またボッチに逆戻りです・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。